リハビリ・トレーニング

おはようございます。

治療についての説明です。

今回の患者は、投球肩で痛みを訴えた患者様です。

ノースローにして患者様の痛みを先にとり、これからはチューブトレーニングと・運動療法を行っております。

痛みをとってから、競技復帰までの道のりが大切です。

選手が一番焦っていますが、大会・時期に合わせた治療を行っております。

そして今後また痛みが再発しないように指導の元治療を行っていきます。

もっとあるべき理想は、治療後レベルアップをして競技復帰してほしいです。

一緒に頑張りましょう。

きみしま接骨院 院長