怪我と向き合う

おはようございます。

今回のテーマは怪我と向き合うです。

スポーツ選手にとって怪我は付き物だと思います。

ただ、選手にとって、指導者に怪我を報告することは、かなり勇気のいることではないでしょうか?

無理をしてもパフォーマンスは上がらないですが、怪我を報告して指導者に嫌な顔をされるなど、いろんな感情があると思います。

怪我をした後さらにレベルアップして戻ることが大切です。

また、最後の大会が近い選手は相談しながら行うことが大切です。

選手の為にできる限りサポートさせて頂きます。

悩んでいる選手は、なんでもご相談ください。

きみしま接骨院 院長