怪我の固定

おはようございます。

怪我をしてしまった時、症状によっては固定を行います。

プライトン固定・アルフェンス固定・テーピング固定・包帯固定など様々です。

早期復帰の為に・幹部の安静の為に固定は必要です。

長く固定をしていればいいのではありません。

固定期間が長いと、関節拘縮が起こり競技復帰に時間がかかります。

患者様・選手とコミニケーションをとりながら、運動療法もしながら行っていきます。

早期回復・早期復帰・その後のパフォーマンス向上までしっかりサポートさせて頂きます。

お困りの方はお気軽にお声掛けください。

きみしま接骨院 院長