お知らせ

この度、検査入院にて9月中は大変ご迷惑をお掛け致しました。 

10月はどうしても診療再開を考えており、病院の先生と話した上で退院させて頂きました。 

なぜ、10月に~診療を開始したかったといいますと、夏の自粛期間から一緒にトレーニングや治療を頑張ってきた選手の大会が多く行われるからです。 

その当時、未来の見えない中で頑張る選手・患者様と目標に向かって頑張ろうと言っていました。 

しかし、私自身の体調が本調子でなく病院の先生と話して治療に専念することに致しました。 

この場をお借りして深くお詫びしたいです。 

10・11月の治療はスムーズに行われていました。 

少し時間が掛かったのは、薬の副作用で免疫力を下げる薬を使用していた点です。 

せっかく、自粛明けて日常を取り戻している中 私自身が感染症になり院内クラスターを起こしたりしては患者様・選手に申し訳が経たなかったので、病院の先生と慎重な判断を行ってきました。 

様々な方々からご連絡を頂きましたが返答を行っていなかった背景には、憶測や誤解を無くすためであります。ご心配をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 

心配の連絡のお陰で早期回復に繋がりました。

この場をお借りして感謝申し上げます。

診療再開は年内を考えております。

よろしくお願い申し上げます。

きみしま接骨院 院長