この時期注意

おはようございます。

最近感じている患者様の状態についてお話しします。

オミクロン株が流行していて毎日マスクをする生活をしています。

また、寒い日が続いておりますので水分摂取量がかなり減っております。

これは、私自身も経験していますが寒い時期に水分を摂りすぎるとお手洗いに行きたくなりますが…

夜お手洗いに起きるのが辛い… 起きたくない… その影響から水分を避ける環境となっております。

しかし、成人で約60〜65%、高齢の方で50〜55%が水分です。

人は水分が1%不足すると喉の渇きを感じ、2%不足すると脱水症状が出始めます。

水分は体内において、外から取り込んだ酸素や栄養、体内で作られたホルモンなどをそれぞれの組織に運び、不要な毒素や老廃物を身体の外に出しています。

水分摂取が足りないと尿量も不足し、老廃物などが体内に残って疲れやだるさといった症状が現れます。

脳内で幸せホルモンであるセロトニンや、睡眠を促すメラトニンというホルモンに変化します。

そのため、水分が不足すると気分の落ち込みや睡眠の質の低下につながります。

喉や鼻の粘膜にはもともとウイルスを外に追い出す機能が備わっています。

十分にその機能を働かせるにも水分が必要です。

また水分を摂ることで物理的にウイルスを洗い流すことができるので、こまめな水分摂取は感染予防につながります。

身体を守るためにしっかり水分補給してほしいと思います。

豆知識も少しずつ投稿していきます。

少しでも当院に携わってくれた方が健康でいてくれるためです。

お困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

きみしま接骨院

325-0026 栃木県那須塩原市上厚崎658-8 ハーモニースクエア上厚崎1-B

0287-61-4740