肘のエコー検診

肘のエコー検診について連絡がありましたので簡単に説明いたします。

野球肘には、内側型 外側型 後方型 があります。

痛みが出れば分かります。

しかし、痛みがでないで少しずつ症状が出るケースがあります。

その症状をいち早く見つけることが出来るように行っております。

エコー検査において、骨の内部を把握することはできませんですが、関節部分の骨や表面を調べるために使えます。

離断性骨軟骨炎(OCD)を探すことは本当に大切です。

軽症の場合、痛みが出ないケースがあります。 

痛みが出てから、病院に駆け込んだり接骨院に行っても完治しないケースが多くあります。

手術をする・野球を断念する・関節の制限が残る・肘関節遊離体(関節ネズミ)などなど起こってしまうことが多くあります。

子供たちの未来を守るために行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

きみしま接骨院