野球教室 Future protect

先日の野球教室の秘話についてこっそり書かせて頂きます。

先日、撮影・編集半として中学時代の教え子の谷口選手に来てもらいました。

幼少期から野球が大好きで、夢はプロ野球選手と言っていました。

高校野球も強豪校に進学して野球漬けの毎日。

3年生の年には甲子園に春と夏出場しています。

投手として活躍していた選手でしたが、エースナンバーは現在プロ野球選手という事もあり野球を高校でピリオドを打ち、ジャーナリズム学科に入り映像や画像の世界から野球の魅力を様々な人に伝えていきたいとありました。

選手たちや講師の方を撮影しながら伝えたいことを想像していたとありました。

完成次第少しだけInstagramの方に投稿できたらと思います。

よろしくお願い致します。

きみしま接骨院

野球教室 Futureprotect

令和5年10月29日(日)

ボールパーク足立にて野球教室に参加してきました。(運営・救護)

小学生は、怪我無く楽しく野球をプレーすることが出来て本当に良かったと思います。

プロ野球選手が教える姿はやはりかっこよかったですし、子供たちの脳裏にも焼き付いたのではないでしょうか?

少しでもスポーツを通して将来に役立てる選手が増えてくれればいいかなと思います。

他にも、栄養学セミナーを保護者向けに開催されました。

食卓に食事を並べるお母さんは本当に大変です。

一番大切なのは、摂取量です。子供たちが理解してしっかり食事をするかが大切になります。

プロテインの話やサプリについての内容も入っていました。

未来TVという内容でセミナー講師の方が発信してくれます。

是非是非登録してみてください。

私も講師で出ています。

きみしま接骨院

お米

お米には炭水化物・たんぱく質・脂質、ミネラル、ビタミンなど、様々な栄養素が含まれています。その中でも体や脳のエネルギー源となる炭水化物が7割以上を占めます。

炭水化物 55.7g パワーの源になるエネルギー

たんぱく質 3.8g 血夜や筋肉、臓器など身体を作るもと

食物繊維 0.5g お腹の調子を整える

ご飯1杯 150 g (234kcal)に含まれる栄養素

カルシウム 5mg 丈夫な歯や骨を作る

鉄 0.2mg 酸素を全身に運搬する働き

マグネシウム11mg 骨や歯の発育・強化 神経情報の伝達 

脂質 0.5g 細胞膜やホルモンなどを作る

ビタミンB10.03mg 糖質の代謝をサポート 神経機能を正常に保つ

ビタミンB20.02mg 脂質の代謝をサポート 髪や肌の健康を保つ

亜鉛 0.9mg 新陳代謝や免疫反応など、体内の様々な働きをサポート

お米の種類①

【玄米】ビタミンや食物繊維が多く栄養価が高い

収穫した稲のもみから、もみがらだけを取り除いた状態のお米のこと。

精製されていないため、ビタミンやミネラルなどの豊富な栄養素が含まれています。

胚芽やぬかをどのくらい取り除くかで「3分づき」「5分づき」「7分づき」などの分づき米ができます。数字が小さい

ほど玄米に近く、数字が大きいほど白米に近くなります。

分づき米は玄米よりも食べやすく、精白米よりも栄養価の高いので、玄米に抵抗がある方は、精白米に近い7分づきから始めてみるのがおすすめです。

《発芽玄米》

玄米をわずかに発芽させたものです。発芽させることで、玄米中の酵素が活性化されるため、玄米よりも栄養価が高くなるとされています。特に神経伝達物質であるGABA (ギャバ)が豊富に含まれ、ストレス軽減に役立つといわれています

お米の種類②

【白米】食べやすい

胚芽や糠層の部分をきれいに取り除いたお米のこと。

消化がよいためすぐにエネルギーとして活用することができます。

【胚芽米】玄米より食べやすい

特殊な精米技術で玄米の胚芽が8割以上残るようにぬか層を削り取っているお米です。精米の程度を調整している「分づき米」とは異なります。

ビタミン・ミネラルや食物繊維といったお米の栄養素は主にぬか層や胚芽部に含まれているため、玄米と比べると多少栄養価は落ちますが、ぬかのにおいや独特の食感がやわらいでおり、白米の食べやすさと玄米の栄養価の高さ、両方をとったような魅力があります。

お米の種類③

【雑穀米】手軽に栄養面をアップ

いろいろな雑穀を白米に混ぜて炊いたものをさします。一般的に売られている雑穀はブレンドされたものも多く、アワ、ヒエ、キビ、ハトムギ、モチムギ、キヌア、アマランサスなどの雑穀や、赤米、黒米などの古代米などがあります。

簡単にまとめると・・・

  • 白米:おいしく消化にいい
  • 玄米:栄養価を重視
  • 胚芽米:玄米より食べやすく白米よりも栄養
  • 価が高い
  • 雑穀米:いつもの白米を手軽に栄養価をアップ

白米と玄米

白米

★デメリット★

  • 精製されているため、食物繊維
  • やビタミン・ミネラルの含有量が少ない
  • G1値が高く、血糖値を上げやすい

★メリット★

  • 精製されていないため、食物繊維やビタミン・ミネラルの含有量
  • が多い
  • GI値が低く、血糖値を上げにく

玄米

★デメリット★

  • 精製されていないため、有害物質を含んでいる可能性がある
  • 消化が悪い

まとめ

●玄米は表皮が硬いため良く噛まないと胃腸に負担がかかったり、消化不良を起こす恐れがあります。

特に胃腸の弱い方や、噛む力が弱くなっている高齢者は注意しましょう。

〇現代人は、食物繊維の摂取量が減っています。玄米や、ひえ、あわ、きびなどの雑穀は、他の穀物と比べてみても食物繊維が多いのが特徴。さらに糖質や脂質、たんぱく質の代謝をサポートするビタミンB群や現代人に不足しがちな鉄やマグネシウムなどのミネラルも豊富です。

お米に雑穀を混ぜて炊いたり、分づき米にしたりして、普段の食事に取り入れてみるのもおすすめです!

新米有難うございます。

きみしま接骨院

令和5年11月22日

きみしま接骨院4周年を迎えました。

スタッフ一同心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございます。

患者様・選手・地域の皆様に支えられて4周年となります。

これからも沢山の学びを全力の施術を皆様にお届けできるよう全力で施術にあたらせて頂きます。

きみしま接骨院

ランニングで膝が痛くなったら…

ランニング中やランニング後に症状が出たら、まず安静を保って、アイシングで患部の炎症を抑えましょう。

運動を再開するときは、しっかりとウォーミングアップし、筋肉を柔軟にしてから行いましょう。

膝に負担をかける下り坂のランニングは避けて、芝生や土などの柔らかい地面やフラットなコースを選んで走るのもひとつの手です。

これらの疾患は膝の使いすぎなどによって生じます。

いったん痛みが治まったとしても、原因がなくならなければ、症状を繰り返してしまいます。ストレッチや筋トレをとりいれて、柔軟性の向上や筋力アップを図りましょう。

当院では、酸素ルームや施術で早期復帰を促しています。

長期施術に対しては、フォームソティックスメディカルインソールやパーソナルトレーニングなどでの対応しています。

きみしま接骨院

牛乳

頂き物シリーズ 牛乳

骨の健康を保つ

牛乳は、骨を構成する栄養素を豊富に含みます。

カルシウムはあまり吸収率の良い栄養素ではなく、ビタミンDやマグネシウムはカルシウムの吸収を促進してくれます。

吸収を阻害する要素としてリンの多量摂取があげられます。牛乳にはリンが比較的多く含まれている上に、現代の食生活ではリンは多量摂取傾向にあるため、カルシウム摂取を牛乳だけに頼っていると、逆にカルシウム不足に陥るおそれもあります。

【ビタミンD】カルシウムの吸収や骨へのカルシウムの沈着を促し、骨を丈夫にする働きがあります。魚類やきのこ類に多く含まれています。

【マグネシウム】牛乳にはマグネシウムがあまり含まれていないため、マグネシウムの多い食品を一緒に摂ることで吸収率を高めてくれます。ひじきや海

演類、玄米、納豆などに多く含まれています。

腸の調子を整える

牛乳に含まれる乳糖は腸内細菌で乳酸菌のエサになり、乳酸や酢酸に変換されます。

乳酸や酢酸は、腸の蠕動を高め、便を軟らかくする働きがあるため、便秘の予防や改善につながります。

また、悪玉菌が生産するアンモニアなどの腐敗物質や発がん性物質が増殖するのを防ぎ、腸内環境の正常化に役立ちます。腸内環境を整えることは、メンタルや肌の調子を整えることにもつながります。

乳糖不耐症

【乳糖不耐症とは??】

乳糖を分解するラクターゼという酵素が作られず腸内に乳糖がとどまり、乳製品を食べると下痢などの症状がでる状態です。

日本人の85%以上は乳糖不耐症の遺伝子を持っている事実があるが、牛乳で下痢する人はここまで多くない。なので腸内環境の影響を受けている可能性も高いです。

く乳糖の量100gあたり>

牛乳は乳糖の量が多く含まれ

牛乳:4.4g

ているため、牛乳単体だけだと症状がでやすくなるので、

プレーンヨーグルト:2.9g

牛乳と他の食材と一緒に食べ

アイスクリーム:4.3g

たり、チーズやヨーグルト、

チーズはほとんど含まれてない。 乳量の大乳が場がことでります。

飲む時間帯

基本的に、牛乳はどの時間帯に飲んでも問題ありません。飲む目的にあわせて時間を意識してみるのもおすすめです。

【朝や昼に飲む場合】タンパク質や脂質、炭水化物がエネルギーと変わるため、1日の活力源となります。また、牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)

は、腸内で乳酸菌のエサになり、善玉菌を増やす働きがあります。お通じが気になる方は、朝に牛乳を飲む習慣をつけたら良いかも知れません。

【夜に飲む場合】タンパク質やカルシウムが身体を作るために働いてくれます。骨や筋肉は夜寝ている間につくられるためです。

【運動後♪筋肉の回復や汗で失われた水分の補給になります。

牛乳と睡眠

牛乳にはアミノ酸の一種であるトリプトファンという栄養素を豊富に含んでおり、睡眠を促すホルモン「メラトニン」の原料になるため、安眠効果も期待されています。

朝に牛乳を摂取することで、昼間は心を落ち着かせる効果があり、夜は自然な睡眠を誘発してくれます。そのため寝る前ではなく、朝食で牛乳を飲むようにすることがおすすめです。

寝る前にホットミルクをゆっくり飲むことで、体づくりや安眠、リラックスにつながります。

く摂り過ぎには注意!!>

牛乳には飽和脂肪酸が含まれており、摂り過ぎると悪玉コレステロールを増加させ、動脈硬化や心筋梗塞を起こす原因になります。また摂り過ぎは肥満の原因に

もなるので気を付けていきましょう

きみしま接骨院

膝の痛みメカニズムと疾患

腸脛靱帯は太ももの外側にある大きな靭帯です。

膝の曲げ伸ばしをするたびに、大腿骨の外側にある骨の出っ張り・大腿骨外側上顆(だいたいこつがいそくじょうか)の上を前後に動きます。

ランニングなどで膝の屈伸を繰り返すことにより、腸脛靱帯と大腿骨外側上顆が擦れ合い、摩擦が起こることで炎症が起こります。

その結果、ランニング時やランニング後に疼痛(とうつう)が生じるのです。

ランナー膝が起こる原因として、オーバーユース(使いすぎ)のほか、柔軟性の低下や筋力の低下、ウォームアップ不足などが考えられます。

また、硬い地面や下り坂の走行、硬いシューズとの関連性も指摘されています。

鵞足炎(がそくえん)

鵞足とは、太ももの内側から膝内側にかけて伸びている3つの筋肉の総称です。

鵞鳥(がちょう)の足のように見えることから名付けられました。

膝の曲げ伸ばしを過度に行うことにより炎症が起きて、膝の内側にズキズキとした痛みを感じます。

膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)

太ももの外側を広くおおっている膝蓋靭帯と、太ももにある大腿骨がこすれて炎症を起こしたものです。ランニングやジャンプを長時間繰り返すことで発生するため、ジャンパー膝とも呼ばれています。症状として、膝の下側にうずくような痛みを感じます。

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

膝関節の軟骨がすり減り、関節が変形することで、膝の内側や外側に炎症や痛みを生じる疾患です。

O脚が多い日本人の場合、内側の軟骨が減りやすいため、内側型の変形性膝関節症がほとんどです。

初期の段階では、起床時にこわばりや鈍痛を感じる程度ですが、進行すると階段の上り下りや正座が困難になり、日常生活にも支障をきたします。

原因として、加齢による筋力の衰えや肥満のほか、過度に関節を使う運動による軟骨の摩耗などが考えられます。

今時期、部活や駅伝の練習で体中疲弊している選手は本当に多くいます。

しっかり施術をして身体を対応していきましょう。

次回は、対応についてです。

きみしま接骨院

駅伝大会や持久走大会

ランニングをしていて膝が痛くなったことはありませんか?

膝の痛みはバスケやサッカー、野球など、さまざまなスポーツに共通するケガの代表格ですが、ランニングを習慣化している人も膝にダメージを受けやすい傾向にあります。

代表格として知られるのは腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)。

いわゆるランナー膝です。

その他にも、ランナーと関わりの深い疾患はいくつか存在します。

ここでは、ランナー膝をはじめ、ランニングで起きやすい膝の内側と外側の痛みの原因とメカニズムをご紹介します。

ランニングにより発生しやすい、痛みの代表格がランナー膝(腸脛靱帯炎)です。

陸上競技のランナーに多くみられ、足を酷使した際に膝の外側にズキズキとした痛みを感じるのが特徴です。

特にランニングにおいては、着地時に体重の5倍ほどの負荷がかかる下り坂を走るときに痛みが増します。

初期の段階では、ランニング中に痛みが出るものの、しばらく休むと治まる程度ですが、次第に運動後も痛みを感じるようになり、悪化すると慢性化して日常生活にも支障をきたすので注意が必要です。

長距離の陸上競技以外にも、サイクリングやスキー、登山、バスケットボールなどでも発生します。

ランニングを始めたばかりの人や筋力が弱い人、筋肉が硬くなっている人、O脚で体重が外側にかかりやすい人がなりやすいといわれています。

簡単な概要となります。疾患の説明は次回にお楽しみに。

きみしま接骨院

梅干し

頂き物シリーズ 梅干し編

疲労回復効果

エネルギー代謝がうまくいかないと、栄養素の不完全燃焼が起こり、疲れや肩こりを感じたり、細胞の老化、生活習慣病などの原因にもなります。

梅の酸味成分でもあるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸は、糖質の代謝を促し活性化させる働きがあります。これにより栄養素をエネルギーに変換する働きをスムーズがなります。

■ クエン酸は、体内でエネルギー源を燃やすだけ

11でなく、疲労の原因となる乳酸を体外に排出してくれるので、肩こりや倦怠感の解消、疲労を蓄積しにくくする効果が期待できます。

美容効果

体が酸化すると、老化や病気につながります。美容の大敵ともいわれています。

活性酸素が体内で増加すると、血管や細胞を酸化させ傷つけてしまうことで、老化が進むといわれています。具体的には、シミやシワなどのほか、がん、動脈硬化、糖尿病などの病気の引き金になるともいわれています。

梅に含まれる『梅リグナン』は強い抗酸化力をもっています。細胞の酸化を防いで老化を抑制する効果があります。

食中毒予防

梅干しに含まれているクエン酸には、細菌が増殖するのを防ぐ抗酸化作用があり、お弁当やおにぎりに入れると食材が腐りにくくなります。

殺菌効果のある梅干しですが、効果は触れている部分だけに限られます。梅干しを刻んで混ぜ込むことで接触面が増え、全体に殺菌効果が行き渡ります。

整腸作用

梅干しには植物性乳酸菌が含まれています。

植物性乳酸菌は善玉菌のエサとなり良好な腸内環境作りに貢献してくれます。また梅干しには、悪玉菌を抑制する働きのある「カテキン酸」というアミノ酸と「エポキシリオニレ

シノール」というポリフェノールが含まれており、乳酸菌との相乗効果によってより高い

整腸効果を得ることができます。

腸内環境を整えることは、便秘予防や肥満予防、免疫力UPにつながり、抗アレルギー効果

もあります。

塩分に注意

梅干しには、ナトリウムが多く含まれています。

塩分を摂り過ぎると様々な悪影響を及ぼします。

  • 高血圧症や動脈硬化など、血管の病気のリスク
  • 余分な塩分を排出する際にカルシウムなども排出されるため、骨粗ラ症のリスク
  • 腎臓の負担が大きくなるため、慢性的な腎臓
  • 病や腎不全のリスク
  • むくみによる体重増加のリスク

★梅干し1個(約10g) 塩分約2g前後

(商品によって塩分濃度が異なる)

食塩摂取目標量男性 7.5g/日 女性 6.5g/日

※日本人の食事摂取基準

身体に色々なメリットをもたらしてくれる梅干しですが、食べ過ぎには注意して下さい

きみしま接骨院

紅葉

私の実家は塩原温泉郷です。

塩原温泉で、旅館を経営しています。

この時期は毎年紅葉を見に行きますが、今年もしっかり色づいてきました。

秋の風物詩最高です。

もみじの赤とイチョウの黄色が本当に好きです。

是非塩原温泉遊びに来てみてください。

食欲の秋は食べ過ぎに注意ですよ。

きみしま接骨院